ごあいさつ

  廃棄物処理事業ホームページへのご訪問、ありがとうございます。
  当財団では平成23年6月より、大学・民間企業の皆様が個々に保管している低レベル放射性廃棄物について、 その合理的かつ集約的な集荷・保管・処理を担う「廃棄物処理事業」の実現に向けて具体的な事業準備を開始しました。
  関係者の皆様が、当財団の「きちんと片付ける」の基本理念に基づく事業構想に賛同され、3年間に亘る技術的課題や事業化に関する調査検討の成果を踏まえたうえで、総意として当財団を実施主体として事業の展開を付託されたものと理解しています。
  一方で当財団も公益法人改革に沿って、事業の公益性を高めていくことが求められています。低レベル放射性廃棄物は、半世紀に亘るわが国の原子力の平和利用のための研究開発に伴い発生した廃棄物であり、これを取り扱う「廃棄物処理事業」は正に「民間が行う公共」事業を支える公益事業と捉えられます。
  当財団は、新公益法人として「廃棄物処理事業」を中核事業に据え、関係者の皆様の安全かつ安心な処理処分の実現に対するご期待とご信頼に応えるべく、事業の早期の実現に向けて一丸となって取り組んで行く所存です。
  最後になりましたが、当財団の活動に対するご理解とこれまでにも増してご支援とご協力をお願い申し上げます。

専務理事・廃棄物処理事業推進室長 澁谷 進