TOP > 出版物

出版物

RANDEC出版物 一覧

  • RANDECニュース

     RANDECの機関紙として賛助会員、協力会員、監督官庁、地方行政機関、関連機関等に対して、当センターの放射性廃棄物の処理処分及び原子力施設デコミッショニング、その他の活動内容を簡潔に紹介し、当センター業務への一層の理解と協力を得ていくことを目的とする定期刊行物です。発行頻度は年間3回の発行予定です。

    → RANDECニュース 閲覧

  • デコミッショニング技報

     国内外の研究開発の動向・成果について,様々な角度から分かりやすく , 正確かつタイムリーに掲載することを基本方針とし、1.国内外の研究開発 業務の概況、2.国内外の研究開発成果に関する報告、3.RANDEC の主催・共 催した会議の報告、4.国際会議の開催,工業所有権の取得,技術協力・技 術移転,開発技術の利用・展開等に関する状況、5.その他方針に沿って掲 載することが適当と認められるもの(会議開催案内,公募案内,イベン ト案内等)等の内容を掲載する定期刊行物です。発行頻度は半期ごと とし、年間2回の発行予定です。

     ☆デコミッショニング技報への広告掲載の募集☆
     広告掲載のお申込みは随時受け付けております。詳細は下記まで直接お問い合せ下さい。
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → デコミッショニング技報 閲覧

  • デコミッショニング技報(特別号:福島環境回復技術)

    福島環境回復技術

     当センターでは、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質により汚染した国土の環境回復を目指して、有望な技術を有し環境回復への貢献を目指している熱意ある大小さまざまな民間企業の地道な企業活動に対する技術支援に取り組んできました。また、並行して、土壌除染技術等を有する民間企業等とともに、国が進める除染技術実証等の公募事業に直接ないしは間接的に参画し、その中で、放射線・放射能取扱いに関する知見を利用して、それらの土壌除染技術等がより高い効果を発揮するよう技術支援を行ってきているところです。今回これまでご協力いただいている企業の皆様の有する除染の技術の内容や、それに対するRANDECの支援活動を広く紹介し、これらの技術が少しでも多くの機会に活用していただけるようにするため、「デコミッショニング技報」(特別号)として刊行することとしました。
    (内 容)
    [土壌等の除染・減容化技術]
    ・亜臨界水熱爆砕法による放射性廃棄物処理
    ・無人高所掘削機械を用いた道路法面表土剥ぎ取り除染技術実証試験
    ・BAT(混気ジェット旋回流ポンプ)等による汚染土壌の減容化
    ・ウエットブラスト除染技術の実証
    ・ナノカルシウムによる放射性セシウム汚染土壌の除染技術
    ・ナノバルブ水を用いた放射性物質汚染側溝汚泥の洗浄減容化実証試験
    ・事故由来の放射性Csによって汚染された有機物の「Bio21」微生物生分解装置による減容
    [遮断技術]
    ・放射線遮蔽フレコンバック等の実証研究
    [放射能濃度評価技術]
    ・航空機広域モニタリングによる放射能汚染分布と地質の関係
    ・ガンマカメラの開発と除染関連用途への適用検討

    定価3,086円(送料・消費税込み)
    (賛助会員等 2,057円)

    お問い合わせは
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     Fax.029-287-0022
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → 申し込みフォーム

  • デコミニュース

     デコミニュースは第27号までで廃刊され、以後RANDECニュースに統合する事となりました。(RANDECニュース61号より)

    → デコミニュース 閲覧

  • 海外調査団報告書

    ・海外調査団(米国)報告書(2005年12月)
    ・海外調査団(欧州)報告書(2004年3月)
    ・原子力施設デコミッショニング及び放射性廃棄物処分に関する欧州調査団報告書(2003年4月)
    ・原子力発電所のデコミッショニング及び放射性廃棄物処分に関する欧州調査団報告書(2002年3月)
    ・原子力施設のデコミッショニングに関する米国調査団報告書(2000年12月)

    など

    → 海外調査団報告書 閲覧

  • 規制上の検査行為に着目した原子力施設のデコミッショニング・・・

    規制上の検査行為に着目した原子力施設の
    デコミッショニングのための規制行為[翻訳版]
     この10年程の間に多くの国では、運転停止した原子力施設のデコミッショニングに関する産業的活動が増大し、それらの解体や安全隔離(安全貯蔵)へのニーズが高まってデコミッショニングに対する規制上の要求事項や検査計画などが注目されるようになりました。本報告書はデコミッショニング期間中の許認可要求の回答をまとめたものです。さらに、進行中のデコミッショニング計画についての簡単な情報、各国の放射性廃棄物の最終貯蔵計画の現状も掲載しています。本書は、OECD/NEAが発行したものを許可を得て、当センターが翻訳したものです。

    定価3,456円(送料・消費税込み)

    お問い合わせは
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     Fax.029-287-0022
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → 申し込みフォーム

  • 原子力施設の廃止措置 廃止措置における除染技術

    原子力施設の廃止措置 廃止措置における除染技術
    NEA廃止措置タスクグループ報告書(1999)(翻訳版)
     本書は、OECD/NEAが1999年に出版した"Nuclear Decommissioning,Decontamination Teqchniques Used in Decommissioning Activities"の全文を当推進センターが日本語に翻訳したものです。本書の翻訳出版にあたっては、OECD/NEA出版部の版権を得て発行したものです。

    定価1,620円(送料・消費税込み)

    お問い合わせは
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     Fax.029-287-0022
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → 申し込みフォーム

  • 原子炉以外の原子力施設の廃止措置

    原子炉以外の原子力施設の廃止措置 発刊!
    国際原子力機関(IAEA)技術報告(翻訳版)
    発行日 :平成12年11月20日
     本書は、OECD/NEAが1998年に出版した"Decommissioning of Nuclear Facilities Other Than Reactors"の全文を当センターが日本語に翻訳したものです。
     本書の翻訳出版にあたっては、国際原子力機関(IAEA)出版部の版権を得て発行したものです。

    定価5,400円(送料・消費税込み)

    お問い合わせは
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     Fax.029-287-0022
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → 申し込みフォーム

  • 放射線防護89

     「放射線防護89」は1998年に欧州委員会で発行されたものを入手し、当推進センターが欧州委員会の翻訳許可を得て発行したものです。
    全文和訳版47頁。

    定価1,543円(送料・消費税込み)

    ・本誌を活用してみては如何でしょうか
     本誌の勧告は、EU加盟国の規制当局に対し、原子力産業の施設から金属スクラップ、部品、設備を規制管理から解放する場合に、放射線学的に受入れ可能な条件に関するガイダンスを示したものです。

    お問い合わせは
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     Fax.029-287-0022
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → 申し込みフォーム

  • デコミッショニング用語事典

     この事典は当推進センターのスタッフが総力を上げて作成し、東京大学大学院教授 石榑顯吉先生の監修を頂いたもので次のような内容になっております。用語約200に分かりやすい解説を付けており、和文、欧文、分野別の索引も付けています。さらに付録として
     ・原子炉デコミッショニングの我が国の方針
     ・世界におけるデコミッショニングの状況
     ・日本の原子力施設
     ・世界の原子力施設
     ・略語集
    を掲載しました。

    定価2,700円(送料・消費税込み)

    お問い合わせは
     東海事務所
     Tel.029-283-3010
     Fax.029-287-0022
     e-mail :decomi@randec.or.jp

    → 申し込みフォーム